弁護士 米津 航

プロフィール

米津 航
Wataru Yonezu
1974年1月生まれ

弁護士 米津航は、1999年4月弁護士登録以来、尚和法律事務所(現ジョーンズ・デイ法律事務所)にて、企業の紛争案件や契約案件を中心に、一般民事事件、家事事件、刑事事件等幅広い業務を扱ってきました。また、2004年9月からは1年間、内閣府国民生活局にて公益通報者保護法及び個人情報保護法担当の任期付公務員として、法令の解釈やガイドライン策定等を経験し、任期満了後は、日弁連CSRと内部統制に関するPT委員、東京三会公益通報者保護協議会議長等を務めました。現在は、企業及び個人の依頼者からの契約案件、民事・商事・家事事件等、幅広くリーガルサービスを提供しています。 また、ドイツ法を専門とするミュラー外国法事務弁護士事務所との協力関係の下、ドイツ関連案件も多数取り扱っています。

略歴

1996年3月慶應義塾大学法学部法律学科卒業
1999年4月弁護士登録(第二東京弁護士会)、尚和法律事務所(現「外国法共同事業・ジョーンズ・デイ法律事務所」)入所
2003年7月University of Pennsylvania Law School留学(LL.M., 2004)
2004年9月内閣府国民生活局(現消費者庁)企画課課長補佐(任期付公務員、個人情報保護法と公益通報者保護法を担当)
2005年9月外国法共同事業・ジョーンズ・デイ法律事務所に復職
2006年9月郷原・米津法律事務所設立
2008年4月赤松法律事務所と合流(「赤松・米津総合法律事務所」)

業務

企業法務、訴訟、一般民事、家事事件

弁護士会活動

著書・論文

題名

著・共著

誌名・出版社名

発行年・月 (西暦)

『知りたい情報類型別 情報公開・開示マニュアル』

共著

ぎょうせい

20081

「CSRの論点整理 人権と企業の社会的責任(9)〜コンプライアンス体制・内部統制と「CSR報告書」について」

(著)

第一法規発行
「会社法務A2Z」2008年2月号

20081

『Q&Aでスッキリわかる IT社会の法律相談』

共著

清文社

20071

『企業法とコンプライアンス』

共著

東洋経済新報社

20061

『「公益通報者保護法に関する民間事業者向けガイドライン」について』

(著)

商事法務発行
New Business Law No.817

20059

『答申事例にみる不開示事由の判断』

共著

新日本法規出版

2003年4月

『インターネット消費者相談Q&A』

共著

民事法研究会

200212